私の辛い手汗経験・根本的治療法はこれしかないと思うオススメの多汗症治療本

私の辛い手汗の経験と手汗を克服することができた「一冊の本」についてお話します。

私の場合、多汗症を発症したのは「中学生の頃」でした。

中学1年生の頃、知らぬ間に「手汗」を大量にかくようになり

同時に「足汗」もかき、そしてトドメは「脇汗」をかくようになりました。

私の場合、一気に3ヶ所からいっぺんに出てきたので、もう最悪でしたね。

常に

「手汗」が友達に知られていないか怯えました。

「足汗」ですぐに靴が臭くなりました。

「脇汗」のシミがバレない気になりました。

高校時代も「手汗・足汗・脇汗」は続きます。

女子との接触を減らすため、男子高校へ進学しました。

 

社会人になっても続きました。

大学は手汗が気になるため、就職することにしました。

就職先は「外で手袋をする仕事」を一番に考え、土木・建築関係の仕事をえらびました。

事務仕事なんてやったら、手汗で書類はしわくちゃになるし、足や脇のにおいが気になって

仕事どころではありません。室内にいることが怖かったです。

20歳になった頃、本気でこの汗を治療しようとしました。

私はとあるサイトで見つけた、病院での多汗症治療を受けることを決心しました。

一人で東北から東京へ渡り、病院で「手の汗腺を焼く」という治療を受けに行きました。

治療費は

50万以上かかりました。

やっと長い間の苦しみから解放されるはずでした。

学生時代からずっと悩み続けた手汗、、、おさらばするはずでした。

しかし

治療から1ヶ月、また手汗はにじみ出てきました。

どうしてでしょうか。。。

私の手汗は治っていませんでした。

この時、私はどんなに高い治療費をかけても、手汗を治すことはできないと思いました。

とても悔しく、悲しかったです。

ただの「手汗」でなぜこんな苦しい思いをしなければならないのか。

どうして私ばかりこんなつらい思いをするのか。。。

手汗を本気で恨み、悩みました。。。

そんな苦しみの中、私はあるサイトで「1冊の本」の存在を知りました。

私はこの本のおかげで、無事「手汗・足汗・脇汗」を克服し、今現在あれだけ避けてきた

女性との交流も自信を持ってできるようになり、ついに彼女を持つことができました。

もちろん、手汗を克服した今なら手を繋ぐことができます。

足だって今ではもうサラサラです。

脇汗のシミだって無くなり、においを心配することもなくなりました。

この本、正直言って本当にすごいです。

就職先を外仕事にするほど悩み、大量に手汗をかいていた私でも

克服することができたんですから。

手術は一切せずしかも3ヶ月で自宅でできる根本的な治療法なので

もう汗が出てくるなんて心配はありません。

私はたったこの1冊の本で治ってしまったので

全く効果がなかった50万もかけた病院の治療が今となっては後悔でしかないですね(笑)

私はこの本を本当に購入してよかったです。

一生分の人生を変えてくれた本と言っても過言ではありません。

もしあなたが

「本気で手汗を治したい」と考えているのならば、この本を購入することをオススメします。

今から本気で手汗を克服し、新しい人生をスタートさせましょう!

心から応援しております。

↓以下、私オススメの「本」のリンクを張っておきます。↓

手汗治療プログラム(SCM)~手術せず3ヶ月で手掌多汗症を改善する方法~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする